真面目な航空会社のぶっ飛び過ぎて意味が分からない広告

真面目な航空会社のぶっ飛び過ぎて意味が分からない広告

 すこぶる真面目で航空会社の間でも有名なキャセイパシフィック航空会社が最近、意味の分からない広告動画をYouTubeで配信して話題になっている。動画を再生するとクオリティが高い映像が流れ始めるが、だんだん意味が分からない動画になっていく。突っ込もうとしている時には既に次の理解不能な展開が繰り広げられ、結局何が目的で作られた動画なのかも分からない。

The Party Has Arrived - Cathay Pacific TV Commercial for The HK Sevens 2014
 

 まず、男の子からボール取っちゃダメ。

 ゴツいラガーマンがCAさんを思いっきり投げちゃダメ。

 ラガーマンがCAさんにタックルを試みたらダメ。

 荷物検査のX線の上でお客様をゆっくり寝かせちゃダメ。

 X線に人を通して頭の中を検査しちゃダメ。

 ブラックボックスの中で何か怪しい魔法をかけてラガーマンの頭の中からラグビーボールを取り出しちゃダメ。

 空港の中で3輪車で走り回っちゃダメ。

 空港でラグビーしちゃダメ。

 荷物にタックルして破壊しちゃダメ。

 お客様をビニールでぐるぐる巻きにしちゃダメ。

 人が乗っているタクシーに無断で乗り込んで、笑顔で宣伝しちゃダメ。

Train Cathay Pacific Team for the Sevens 2014-I Can Fly (Lenni)

 何その泥だらけで満足げな顔。おかしいから。奇麗だけど。

Train Cathay Pacific Team for the Sevens 2014- I Can Fly (Carise)

 だから、何そのドヤり顔。タッチダウンはキャビンアテンダントの仕事じゃないから。奇麗だけど。

Train Cathay Pacific Team for the Sevens 2014-Chicken or Fish (Nicole)

 もう、ボール入ってないし。ドヤりたいだけで作ったとしか思えない。