爆音トランスで盛り上がる新オランダ国王即位イベントが絶賛の嵐

オランダ

4月30日にオランダの新国王の即位イベントがアムステルダムで行われ、World DJ Rankingで何度も1位に輝いたオランダが誇るDJのアーミン・ヴァン・ビューレンが大音量のトランスでイベントを盛り上げた。

有り得ない。

 新国王の即位に爆音のトランスがアムステルダムにこだまし、国民が熱狂している。さらに、アーミンの後ろには世界屈指の交響楽団であるコンセルトヘボウオーケストラがコラボレーションし、壮大な音楽に拍車をかけている。

 イベント会場の盛り上がりが最高潮に達した時に、新国王・女王となるヴィレム・アレクサンダー王子とマキシマ女王はステージに上がった!警備上、計画には入っていなかったらしいが、新国王がステージに上がってアーミンやオーケストラに挨拶したいと言ったらしい。オランダで国王の人気は絶大で、国民全員がこの即位を祝っている。もちろん、国民は新国王がステージに上がる事を知らない。

 アーミンが流すトランスは最大限に盛り上がり、オーケストラが壮大に音の世界観を広げ、イベントステージに新国王ファミリーが立った時、突然の国王の登場に国民は歓喜して喜び、感動のあまり泣く人もいたらしい。テレビ等ではけっして伝わってこないこのイベントの様子を、YouTubeを通して見る事が出来て本当に良かった。爆音のトランス音の中、ステージ上で手を振る国王と熱狂する国民を見ると鳥肌が立ちます。

超必見!!!!!

 オランダでしか有り得ないこの状況。
 無理くり日本で例えるなら、小澤征爾が指揮をとるNHK交響楽団の前で、電気グルーブの石野卓球がDJをし、そこに新しい天皇陛下が即位するようなイベントで、ステージ上で天皇陛下と石野卓球が握手しているところを想像して欲しい。

うん。無理だ。無理無理。日本では有り得ないなー。