有り得ない高さの自転車から撮影した超ヒヤヒヤする動画。

自転車

サドルまで高さ14.5ft(約4.4メートル。カメラの位置まで5メートルぐらい。)の高さもある自転車を運転しながら撮影した動画です。レンズのせいもありますが、この位置からの撮影は人も車も全て小さく見えます。

STOOPIDTALL – CICLAVIA 2013 – LA BIKE CULT

しかし、ヒヤヒヤする!
車がビュンビュン通っているところを横切ったり、ストップしたらすぐに倒れるのに自転車の集団の中に突っ込んだり。
気持ち良さそうなカリフォルニアの気候と爽やかな音楽に中和されていますが、冷静に考えると超危険。アメリカ人だったら「馬鹿な事やってるなー」ですみますが、日本人だったら確実に炎上するだろうなー。

最終的にアメリカ人の「馬鹿げた事をやるには危険がつきもの。それでもやるのは凄い。」という感覚と、日本人の「馬鹿げた事をやる時には絶対に人に迷惑をかけてはいけない」という真反対の感覚について考えさせられる動画でした。