vimeoへ動画をアップロード

KeyVisual

動画共有サイトと言えばYouTubeやニコニコ動画が有名ですが、海外の映像クリエイターやデザイナーの間ではvimeo(ヴィメオ)という映像共有サイトが人気です。YouTubeに比べると、美しくクリエイティブな動画が多くアップされており、短編映画やプロモーションビデオ、CG作品などが数多く見られます。特に「vimeo Staff Picks」というスタッフが選んだ動画はどれも見応え十分です。ただし、日本語に対応していないので英語の苦手な人にはちょっと取っ付きにくいかもしれません。

vimeoアカウントを作成する


トップページ(https://vimeo.com/)にアクセスしたら「好きなユーザー名」、「連絡の取れるメールアドレス」「好きなパスワード」を設定して右下のチェックボックスにチェックを入れて「Join」ボタンをクリックします。

アカウントの種類を設定する


vimeoには無料プランの「Basic」(ベーシック)と有料プランの「Plus」(プラス)「Pro」(プロ)の3種類のプランがあります。必要になれば後で変更ができるので、まずは無料の「Basic」を選択しておきましょう。

Basicでできること
・一週間に最大500MBまでアップロード
・一週間に最大1つのHD Videoのアップロード
・1日最大10個のビデオをアップロード
・1チャンネル、1グループ、3つのアルバムまで作成可能
・ダウンロードが可能
・パスワードによる保護が可能
・基本的な埋め込みタグの利用
・基本的な再生プレイヤーの利用

メール認証をする


登録したメールアドレスに「Welcome to Vimeo!」というタイトルでメールが届いているので、メール文中の「Complete Your Registration」というボタンをクリックして登録を完了させます。

ここまでで登録は完了です。
つぎに動画をアップロードしてみましょう。


動画をアップロードする


画面右上の「Upload a video」(アップロードビデオ)ボタンをクリック。


「Choose a Video to Upload」(アップロードするビデオを選ぶ)ボタンをクリックしてアップロードしたいファイルを選択します。


「Upload Selected video」(選んだビデオをアップロード)ボタンをクリックすればアップロードが開始されます。(+Add another video to uploadを選べば、一度に複数のファイルをアップロードすることも可能です。)


動画をアップロードしている間にTitle(タイトル)やDescription(説明文)を入力します。
Tags(タグ)には動画の内容に関係する言葉を入力しておくと検索にひっかかりやすくなります。(タグとタグはコンマ , で区切って入力します。)オプションでCredits(クレジット)に著者の名前や連絡先を入れることも可能です。


動画のアップロードが完了すると画面の下に「Go to Video」(ビデオページを開く)が表示されます。
ページを開くと、先ほどアップロードしたファイルの変換時間がカウントダウン表示されます。「Setting」(セッティング)ボタンをクリックすれば、あらかじめ用意した画像をサムネイルとして登録することも可能です。

変換が完了すれば、ビデオの再生が可能になります。


関連ページ

  • FAQページ | アカウントについて(英語)