何これ!超欲しい!オモチャなのにカメラの付いたドローン(無人航空機)が欲し過ぎて震える。

何これ!超欲しい!オモチャなのにカメラの付いたドローン(無人航空機)が欲し過ぎて震える。

 ドローンの空撮を前回の記事で紹介したばかりだが、ドローンとはコンピューターなどで遠隔操作が出来る無人航空機のことで、主に軍事目的で開発されたものをさしていたが、最近は撮影用などにも使用されている。

 撮影用のドローンの何が凄いって、映像を撮影しながら空中で静止したり出来るところ。航空機というと、飛行機のように両翼があるものを思い浮かべるが、撮影用ドローンは4つ以上のプロペラが付いていて安定して飛行出来るし、操作も簡単だ。

 でも、撮影用ドローンは高価だった。10万円とか、面白そうでも小金持ちのオッサンの趣味じゃないと買えないレベル。しかもGoProを付けないといけないから、カメラ代は別だった。

 しかし!今回、紹介するドローンは1万円代だ。見かけはオモチャなんだが(実際にオモチャだけど)、しっかり動画や静止画も撮影出来る上に、ジャイロスコープが3軸も付いていて超奇麗な映像が撮れる。ジャイロスコープって言われても分からないひとも居るかもしれないが、普通に飛行物体にカメラ付けても、飛行物体の揺れや方向転換などで『なめらかな』映像って撮影出来ない。ジャイロスコープが付いていると揺れや方向転換などの映像に合わせて超なめらかな映像が撮れるようになる。それが2軸じゃなくて3軸だっていうのがポイントなんだけど、知っている人(主に撮影機材好きのオッサン)には信じられないスペックだ。

 子供達が遊びながら動画を撮影してYouTubeにアップロードとか未来過ぎるよね。

 ローリングスパイダーとジャンピングスーモの2種類あるらしい。空を飛ぶのはローリングスパイダーの方だ。既にAmazonで販売しているので、欲しい人は下記のリンクで!

 こっち↓のドローンはParrot社が発売していて、Bebop Droneという製品だ。Oculusを装着するタイプや、コントローラー付きのタイプもあるらしい。まだ未発売らしいが、こちらはさらに機能がアップして本格的なプロ使用になっている。

 Parrot社のホームページはこちらから。http://www.parrot.com/ja/