遂にGoogleが開発した自動操縦車に一般人が試乗する!ハンドルが無い車の乗り心地とは?

遂にGoogleが開発した自動操縦車に一般人が試乗する!ハンドルが無い車の乗り心地とは?

 前に車が迫ってくると自動的にブレーキがかかるコマーシャルを初めてみたのはツイ最近だった気がする。今でも自動ブレーキなんて信じられないから、もし自動ブレーキがかかる車に乗ったとしてもそれに頼って運転する事はないと思う。

 しかし、Googleは自動ブレーキどころか、自動で運転してくれる車を開発して一般人に試乗までさせた。車にはハンドルさえない。

 車に乗り込む一般の人々。

 「快適だわ!」
 「あれ?ハンドルがないのね」
 「私の車よりも全然いいわ!」
 「カーブの手前でスローダウンするのがいいね。」

 など、かなりの好評価だ。Googleが制作した動画だから当たり前だが。でも、乗っている人の笑顔はまるでディズニーランドの乗り物に乗っているかのようだ。外に居る人に向かって手振ってるし。ホントに乗ったら楽しいんだろうな。

 驚くのは結構スピードを出しているところだ。見た感じ時速40キロから50キロは出ている。もし事故ったら怪我というレベルではすまないスピードだ。それでもGoogleが一般の人を乗せたことは何度もテストして自信があるからだろう。

A First Drive

 動画の中では技術的な事は殆ど説明しない。むしろ、普通の車と比べてどれだけ快適かをアピールしている。『どうやって目的地まで辿り着くのか』とか『最高時速は』とかの疑問もあるかもしれないが、今の時点ではそこは問題じゃない。大事なのは『自動操縦車が街を走る未来はすぐそこにある』という事実だ。