情熱は何も無い状況さえも凌駕する。ゴミからドラムを作って才能を開花させた5歳の少年。

情熱は何も無い状況さえも凌駕する。ゴミからドラムを作って才能を開花させた5歳の少年。

 歌手になるにしても、起業家になるにしても、情熱が1番大事だ。「有名になりたい」が先にくるのではなく、「歌いたい!」が先にくるべき。「起業家になりたい」が先にくるのではなく、「儲けるのが楽しい!」が先にくるべきだ。

 この少年の場合はドラムを叩きたいという情熱が数分の動画から伝わってくる。

 いつだって、夢中になっている時が最強だ。いくら努力しても、夢中になっている人には叶わない。男の子が夢中でドラムを叩いている姿を見ると、練習とか努力とか言う言葉がまったく浮かんでこない。楽しくてしょうがないから叩くんだ。

 努力や苦労も大事だけど、その前に情熱と夢中になる事が大事なんだと改めて思わせられる動画だった。

5 year boy best Drummer Ever with House Scraps