世界で大絶賛されている面白カッコいいアジアンコンセプトのダンスとは

スクリーンショット 2014-03-06 8.44.46

 最近、動画界でダンスシーンが大きなムーブメントになっている。ダンスは動画コンテンツにしやすい上に、素晴らしいパフォーマンスを動画で見せたら一瞬で世界中で有名になれるところがダンサーがダンス動画を作るモチベーションに拍車をかけているようだ。

 そんな中、Quick Crewのパフォーマンスが超絶熱い。

 アジアのコンセプトで作られたルーティーンが最高に面白カッコいい。「面白カッコいいってどんな表現だよ」と思うかもしれないが、彼等の動画を見たときにカッコ良さと面白さを兼ね備えていて、面白カッコいいが適切な表現だった。

 最初からぶっ飛ばしてる。彼等が最初の1分間で踊っている音、これ三味線だよね。未だかつて三味線の音でこんなにカッコいいダンスを見せたグループっていなかった。だいたい三味線の音でダンスするっていうアイデア自体、日本人でも思い浮かばない。三味線の音に振り付けするのは相当難しいはずだ。

 そして沖縄の三線の音で繋いでリズムが入っていくんだが、この曲は日本が誇るブレークビートのLIVEパフォーマンスユニットであるHIFANAのミックスした音。HIFANAの音でダンスするとかカッコ良過ぎ。

 撮影している女の子が感動し過ぎて、ずっと「Oh,shit. Oh,shit. Oh,shit.(ヤバい。ヤバい。ヤバい)」って言い続けてるのが、どれだけダンスシーンで衝撃的だったかを物語っている。ベトナムの笠帽子であるノンラーをかぶって、カンフー道着。アジアのコンセプトが見事に表現された傑作ダンス動画。超必見。

TBG 2013 – Quick Crew – act 1