凍てつく寒さの中で震える男の子に大人達はどう接するのか

凍てつく寒さの中で震える男の子に大人達はどう接するのか

 1人の男の子がバス停で凍えるような寒さの中、震えながらバスを待っている。

 この動画はノルウェイのオスロのバス停で撮影されたものらしい。

 震える男の子に対して、どんな対応を大人達はとるのか。

Hadde du gitt jakken din til Johannes?

 大きなジャケットにくるまれた男の子の笑顔に、見ている方は心まで温まる。

 しかし、実は動画の目的は人の温かさを表現したものではない。

 この冬、内戦中である中東のシリアでは沢山の子供達が凍えているらしく、動画の最後でシリアの子供達に対する募金やジャケットの寄付をつのっている。

 「今、目の前に居る自国の子供に対してジャケットを貸す愛情があるなら、シリアの子供達にも同じ愛情を」という意味が込められた動画らしい。

 ただシリアで凍える子供達を撮影するのではなく、心温まる動画の裏に隠された動画の意図を考えさせる事によって、「凍える子供達はどこに居ても助けられるべき」という答えに辿り着かせる素晴らしい動画になっている。

ノルウェイ語だが、以下のリンクが寄付先だ。
http://www.sos-barnebyer.no/Mayday/Syria