南アフリカの老人が懸命に文字を覚える感動的な理由とは

スクリーンショット 2014-02-06 11.14.30

 老人が筆記用具を購入するところから動画は始まる。

 筆記用具を小脇に抱えて店の外に出ると、有名な本が売り出されており、老人は本の作者を嬉しそうに見上げる。既にお金を持っているはずの老人が、購入した筆記用具で懸命に文字を勉強するのだが、文字を学んだ理由が動画の最後で明らかになる。

New Bell’s South Africa TV Ad — The Reader

 南アフリカでは昔、学校に行けない子供達が沢山居た。老人も学校に行くことが出来なかったのだろう。彼は文字を読むことが出来ない。一方で老人の息子はしっかりと大学に入り、本を出版した。老人は息子を心から誇りに思ったが、彼の本を読むことが出来ない。だから懸命に文字を学んで、彼の本を読み終えたのだ。

 動画の最後のシーンでは

 本の筆者「Dad!(やぁ、父さん!)」

 老人「Hey, Thabo.(やぁ。タボ。)」

 老人の息子は最初のシーンで本屋に積まれていた本の筆者だと、このシーンで明らかになる。

 老人「I red your book.(お前の本を読んだぞ)」

 息子「You red my book?(僕の本を読んだって?)」

 息子は老人が文字を読めないことを知っていたので心から感動する。抱き合う2人。

 父と子の本当の愛情が心を打つ秀逸な広告動画だ。