山手線の内側と同じ大きさの氷河が分離する瞬間

山手線の内側と同じ大きさの氷河が分離する瞬間

 ゴゴゴゴゴと地鳴りが響き渡り、バキバキと超巨大な氷河が崩れて行く。撮影されたものとしては世界最大の氷河が分離する瞬間の映像だ。

 地鳴りとともに崩れていく超巨大な氷河は、回転をしながらゆっくりと海の中に沈み、大きな波をたてながらまた浮かんでくる。動画の途中で見える漆黒の氷はまるで宇宙船のようだ。

 見ているだけではどのぐらい大きいのか想像出来ない。動画の中ではニューヨークのマンハッタンと比べているが、マンハッタンは山手線の内部と同じぐらいの大きさだ。山手線の内部全てに穴が空き、海に沈むところを想像してもらえればどのぐらいの大きさか想像出来るかもしれない。

 その氷河の高さがマンハッタンにそびえるビル群よりも2〜3倍大きいと解説している。エンパイアステートビルが443.2メートルなので、その2倍としても900メートル近い。日本で1番高い建造物である東京スカイツリーの高さが634メートルなので、約1.5倍もの高さの氷が崩れ落ち、海の中で回転しては波をたて、また浮かび上がってきている。

 東京を見渡したときにスカイツリーはどこからでも見えるほど大きい。そのスカイツリーの1.5倍の高さで山手線の内側と同じ面積の氷がグリーンランドのヤコブスハブン氷河から切り離されたのだ。

 その想像することすら難しい巨大なスケールと、普段は絶対に聞くこと出来ない地球が蠢く音に感動する。
 
“CHASING ICE” captures largest glacier calving ever filmed – OFFICIAL VIDEO

 この動画はCHASING ICEという映画の一部だ。続きが見たい人は本編を見てもらいたい。