鉄拳の新作パラパラ漫画がまたしても涙腺崩壊の傑作!

鉄拳_家族のはなし

 UPLOADでも何度も紹介しているお笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画。独特の絵のタッチの魅力さることながら、毎回感動的なストーリーで話題を呼んでいるが、11月16日に投稿された新作「家族のはなし」がまたもや涙腺崩壊の傑作となっている。公開数日で早くも30万回を超える再生回数だ。
 今回の主人公はリンゴ農家の一人息子。両親の愛を一身に受けて育ち、地元の高校で陸上の選手を目指すも、不運な怪我に見舞われ挫折。そんな彼は自分の心に開いた穴を埋めるべく、次第に音楽に傾倒していく。やがて、リンゴ農家を継ぐ決心もつかないまま、ひとまず東京の農業大学に進学。しかし田舎で息子の心配をする両親をよそに、彼は東京で出会った仲間たちとバンド活動に明け暮れる。その甲斐あってか、オーディションに合格し、ついにプロデビュー。音楽に専念するため両親に内緒で大学も辞めてしまう。ところが現実はそう甘くはなく、さまざまなトラブルがもとでバンドは解散。主人公は失意のうちに久しぶりに帰郷するのだが……。そこで彼が見たものとは?
 動画のサブタイトルに「新聞印刷機アニメーション」とある通り、この作品は信濃毎日新聞とのコラボレーションとなっており、鉄拳が描いた漫画を新聞の印刷機にかけてアニメーションにしている。作品自体9分を超える大作で、使用されたコマ数は1918コマにもおよぶ。


 
 膨大な枚数の漫画を新聞の印刷機でアニメーション化していくメイキング映像も同時に公開されているので、こちらも併せて是非観て欲しい。