どんどん勝手に凍っていく不思議なコーラが超おいしそう!

どんどん勝手に凍っていく不思議なコーラが超おいしそう!

残暑厳しき折、いかがお過ごしでしょうか? まだもう少し暑い日は続くそうなので、気分転換に『勝手に凍っていく不思議なコーラ』を飲んで涼んでみてはいかがですか?
コーラがコップに注がれている時はまだ液体なのですが、コップに入ると雲のようにモクモクと湧き出て、どんどん凍って固体化していきます。どうしたらこのようなコーラを作れるかというと。まず、①ペットボトルのコーラを振ります。②振ったコーラを冷凍庫に3時間15分入れます。③取り出し、ゆっくりキャップを開け炭酸を抜き、コップに注ぐとフローズン状になったコーラが完成します。その他にも、スプライトや缶チューハイでも出来ます。いやー、不思議。そして、とにかく美味しそう!


また、水でも同じことが出来ます。①ペットボトルの水を冷凍庫に2時間45分(コーラより30分短い)入れます。②取り出し、少し衝撃を与えるとたちまち水から氷へ変貌します。ちなみにペットボトルの水に衝撃を与えず、そっとキャップを開け、氷にかけると、たちまち水が凍結して氷がどんどん上に伸びていきます。宴会や友達の家でやったら、盛り上がりそう!


この二つの動画を投稿しているGrant Thompsonさんは、自分の得意なジャンルである『科学』というテーマに主軸を置き、多くの作品をアップロードをしています。こうして自分の得意なジャンルやテーマで世界の人に驚きや楽しみを提供する人が増えるといいですね!