中国の道ばたで売られている芸術的すぎる綿菓子

スクリーンショット 2013-07-19 1.06.06

半年ほど前に日本でも話題になったこの動画。なんの変哲もない中国・重慶の街角で、普通のおじさんが売っている綿菓子なのだが、この芸術的なまでの造形美がとんでもないのである。この綿菓子が今度は韓国で話題沸騰らしい。日本では盆踊りなどの露店で、割り箸に、こう、フワフワっと絡めたやつが一般的だが、このおじさんの作る綿菓子は、途中で何度も形を整えつつ、色とりどりのザラメを駆使して、最後は見事な「花」になってしまうのだ。この動画や写真を見た韓国のネットユーザーの間では、「この綿菓子が一日も早く韓国にやって来てほしい」と大人気だと言う(「朝鮮日報」より)。ちなみにこの動画、アップロードされてから約1年間で350万回以上再生されており、さまざまな人に転載されながら、いまでも世界中で閲覧され続けている。ネタの消費サイクルが速いと言われるネットだが、世界レベルで受け入れられるコンテンツの中にはこうしたロングセラーが生まれることがある。しかも「世界レベルで受け入れられるコンテンツ」と言っても、なにも膨大な予算や卓越した技術が必要なわけではない。世界には何気ないところに物凄いネタが転がっているわけで、旅の途中で何気なく撮った動画が「世界レベルで受け入れられるコンテンツ」になる可能性だって十分にあるんですよっ!