スゲー!野菜や果物を叩いて奏でられるエレクトロが半端ない。

j.viewz

動画はスーパーでの買い物から始まる。

買い物している彼の名前はj.viewz。グラミー賞にもノミネートされた事があるエレクトロ音楽プロデューサーだ。

使う食べ物はブドウ、ニンジン、イチゴ、ナス、マッシュルームにキュウイ。それぞれをMIDIでシーケンサーと繫ぎ、電子シグナルをキーボードのシグナルに変える装置を自分で自作。繋いだ野菜や果物を叩いたり触ったりしながら音楽にしていく。

大抵、こういう実験的な演奏は「面白くないけど凄い」という感想が出てきてしまうものだが、彼の演奏は超カッコいい。奏でられる音楽のクオリティが半端ない。つーか、彼自身もカッコいい。この動画を見て一発でj.viewzが好きになった。

<追記>
J.Viewsが使っていた野菜や果物を楽器にするデバイスを発見しました!→ 記事へ

J. Viewsが使っている楽器はこちら!↓気になったので調べました。

j.viewzのアルバムも是非聴いてみて欲しい。